スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人の怪談で背筋が冷えた

人生の達人、辛酸なめ子と木原浩勝が教える大人の嗜みとしての怪談の魅力怪談はただ
単に人を怖がらせる話ではない。語り手の人生が話の中に反映し、それが聞き手の人生と
共鳴したとき、初めて新たな恐怖が生まれるのだ。自他共に認める人生の達人が、大人
字数制限800字の文学賞「ビーケーワン怪談大賞」から生まれた作品集が『
てのひら怪談』として発売され、たちまち話題となり、その夏に逆援助された第5回の同賞
... 2007年12月、第5回の応募作663編の中から選りすぐられた作品が、『てのひら怪談2
』として早くも発売された。 .... 第六十四回 『ぬばたまの』 『音楽室の人々』 · 第
六十三回 『優しき球体』 『母のとむらい』 · 第六十二回 『大人』 『ひつじの服』
よくいわれる謎なのだが、祖母の写真・佳耶子(大人)・さつきの3人とも茶色の髪で
あるのに、小学生の佳耶子だけがセフレで描かれて ... 1年2組の担任で、学校の怪談の中
ではもっとも胸が大きい女性と思われる。ただし、プロポーションを保った状態で。 ...

オーディション
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。